ズボンを着用せずに地下鉄に乗る恒例イベント 世界60都市以上で開催

英ロンドン地下鉄で行われた毎年恒例のイベント「No Trousers On The Tube Day(パンツなしで地下鉄に乗ろう)」に参加するためジュビリー線の列車に向かう人々(2019年1月13日撮影)。(c)Daniel LEAL-OLIVAS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ズボンを着用せずに地下鉄に乗る毎年恒例のイベント「No Pants Subway Ride(パンツなしで地下鉄に乗ろう)」が13日、世界各地で開催された。2002年に参加者わずか7人で始まった同イベントは、今では世界60都市以上で開催されている。

 コンセプトは、真冬にズボンをはかずに各自で思い思いの駅から地下鉄に乗車すること。参加者らは、上半身には帽子やマフラー、手袋といった通常の防寒具を着用し、ズボンをはいていない他の参加者と出くわしても何食わぬ顔をしなければならない。

【翻訳編集】AFPBB News