テニス人生の土俵際 マリーは踏ん張れるか

テニスの四大大会第1戦、全豪オープン開幕が3日後に迫った11日、メルボルンの会場に衝撃が走った。元世界ランキング1位のアンディ・マリー(31、英国)が長引く臀部(でんぶ)の痛みを理由に引退を示唆したのだ。ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とともに「ビッグ4」を形成し、男子テニス界をけん引してきた名選手が選手生命の瀬戸際に立たされている。

マリーは11日の記者会見で、涙ぐみながらけがの状態について語った=AP

マリーは11日の記者会見で、涙ぐみながらけがの状態について語った=AP

「体調はどうですか?」。11日の記者会見。冒頭の何気ない質問に「いいとは言えないね……」と答えたマリーはその後の言葉が続かない。こみ上げる涙を抑えきれず、顔を覆うようにして黙り込んでしまった。司会者に声をかけられて退室し、戻ってくると落ち着きを取り戻して現状を説明した。

■全豪、最後の試合の可能性も

「できることはすべてやってきたが、20カ月ほど前から苦しんでいる臀部の痛みが消えない。プレーできないことはないが、光明が見えないまま延々と続けるのは厳しい。(7月の)ウィンブルドンでのプレーを最後にすることも考えているが、あと何カ月も痛みに耐えられるかわからない」。再び涙ぐむマリーは「全豪が最後の試合になり得るという意味か?」と聞かれると、「その可能性はある」と認めた。

17年の後半以降、ツアーを離れることが多かったマリーの世界ランクは現在230位。2年ぶりとなる今年の全豪は故障選手を対象とした救済措置での出場となる。現役に未練がないわけではない。「1年前に受けたものより大がかりな手術も真剣に考えている。テニスを含め、その手術を経て復帰したアスリートたちもいる」と言う。とはいっても「現実的に考えれば簡単な道のりではないし、僕がそうなれる保証はない。いまは靴下や靴をはくのにも痛みがあり、手術をするなら第一の目的は現役続行というよりも、支障なく日常生活を送れるようになることだ」。強いマリーを再び見るのは、かなわないのかもしれない。

マリーといえば、無尽蔵のスタミナと鉄壁の守りが思い浮かぶ。延々と続くラリー戦が真骨頂というプレースタイルは、2000年代以降、サーブ・アンド・ボレーに代わってラリー戦が主流になっていった時代の流れに合った。31歳という年齢は若くはないが、年長のフェデラーやナダルが第一線で活躍しているテニス界ではベテランの入り口に差し掛かったあたり。フットワークを生命線とした粘りと体力勝負のテニスは自身の体にも相応の負担をかけていたということだろう。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは早いほどお得!