指原莉乃「対応も全てが間違っていた」暴行騒動言及

NGT48山口真帆(23)が告白した暴行事件の混乱が、収まらない。HKT48指原莉乃(26)は運営側に対する不満、SKE48須田亜香里(27)はアイドルとしての自覚を13日、それぞれが出演するテレビ番組でコメントした。AKB48グループ“ご意見番”のツートップがそれぞれの思いを語った。

フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に生出演した指原は、事件について「彼女の映像で知ったので、私たちも知らされていなかった」と、事件自体を山口が今月8日に動画やツイッターなどを使って告白したことで把握したことを明かした。

NGT48の運営側の対応などに不満を抱いたファンが、NGT48劇場の今村悦朗支配人の辞任や、運営スタッフの公式な場での謝罪を求める署名運動も始めている。そんな中で、「全ての対応がひどかったと思います。彼女に対する対応もそうですし、こうなってしまった後の対応も全てが間違っていたと思います」と厳しい言葉を口にした。

出演者の1人、社会学者の古市憲寿氏から「NGT運営のトップになればいいじゃないですか」と水を向けられると、「ただ私が立っても何もできないと思うんです」。それでも「今回の件で間違いなくメンバーと運営の間に立つ人が必要だと思ったので、これから関わり続けたい」とできる限り関わっていく姿勢を口にした。

須田はTBS系「サンデージャポン」(日曜午前9時54分)の取材に応えるかたちでVTR出演した。「運営だけが悪いとは思わない」とし、「メンバーがアイドルとしての品格を保っていれば、帰宅時間を教えるのはありえない。関わったメンバーは自分の気持ちでアイドルを続けるのか、もしかしたら卒業の道を選ぶのか」と「引退勧告」した。

騒動経過

◆18年12月8日 山口が自宅マンション前で男性2人に襲われる。2人は警察に暴行容疑で逮捕されるも、その後不起訴。

◆19年1月8日 山口が動画サービス「SHOWROOM」やツイッターで事件を告白。

◆同10日 山口が新潟・NGT48劇場公演に一部出演し謝罪。公演終了後、運営側が公式サイトで一部メンバーの関与と今後の対策を発表。指原は山口を気遣う内容と運営に対する不満をツイート。

◆同11日 運営側が同日と14日の劇場公演中止を発表。また、12日開催のイベントで山口と太野彩香(21)の休演を発表。

◆同13日未明 太野と西潟茉莉奈(23)がツイッターで事件への関与を否定。