AKB48総監督・横山由依も苦言 「運営に厳しく言いました」

騒動を謝罪したAKB48グループ総監督の横山由依

写真

 AKB48が12日、東京都内で「AKB48 チームA単独コンサート〜美しき者たち〜」を開催。48グループ総監督の横山由依(26)が、公演中、NGT48のメンバー山口真帆(23)の暴行被害騒動について言及し謝罪した。

 山口は昨年12月8日、自宅マンションの玄関先で、男性ファン2人に顔をつかまれるなどした。2人は逮捕されたが、不起訴処分となり釈放されていたことが今月9日に発覚していた。

 横山は、「今回、すごく起きてはいけないことが起こってしまいました。皆さまにご心配をおかけしてしまって、申し訳ありませんでした」と、メンバーを代表して謝罪。

 続けて、「私も総監督として今後の対応についても含め、運営に厳しく言わせていただきました」と話した。続けて「これからも夢に向かって、メンバーと支えあって活動を頑張っていきたい。これからも皆さんに応援をしていただきたいなと思います」と、神妙な面持ちでファンに呼び掛けた。

 また、この日の夜に同所で行われたAKB・チームKの公演で小嶋真子(21)がグループからの卒業を発表した。卒業時期は未定。