少年が運転する車がパトカーに追突 信号無視9回繰り返し走行か

少年運転の車がパトカーに追突 秋田

写真拡大

11日未明、秋田県由利本荘市で14歳未満の少年が運転する普通乗用車がパトカーに追突する事故があった。親の車を運転して信号無視を繰り返したという。

事故があったのは由利本荘市三条の国道。警察の調べによると、10日午後11時半ごろ、「家の車がなく、息子もいない」と父親から通報があり、警察は11日午前0時ごろ、由利本荘市内で少年が運転する車を発見した。

止まるよう求めたものの少年の車はその後、信号無視を繰り返し、約9キロを走行。前方に回ったパトカーに追突してようやく止まった。

少年は14歳未満で胸の痛みを訴えていて、警察が詳しい事情を聞くことにしている。