14歳未満の少年が運転、パトカーに衝突 9キロ逃げる

 11日午前0時10分ごろ、秋田県由利本荘市三条の国道107号で、県央部の14歳未満の少年が運転していた乗用車が、その車を追跡していた由利本荘署のパトカーに衝突し、少年が胸部にけがを負った。

 パトカーを運転していた同署の30代の男性巡査長と同乗の30代の男性巡査部長にけがはなかった。

 署によると、10日午後11時半ごろ、少年の父親から「自宅の車とキーがなく、息子もいない」と110番通報があった。署のパトカーが11日午前0時ごろ、由利本荘市内の国道7号で少年が運転する車を見つけて停止を呼びかけたが、車は止まらず、信号無視を繰り返して約9キロを走行。国道107号でパトカーが前方に回り、停車したところで車が衝突したという。

 署が少年から事情を聴いている。(渡部耕平)