生後3カ月の子犬を投げつけて殺す 女性の行動が韓国で物議

生後3カ月の子犬を投げつけて「返品」、死なせた女性が炎上 /江陵

写真拡大

購入7時間後に「糞食べる」とクレーム

販売者が返金を断ると子犬投げつける

 購入したペット用の子犬が食糞(排泄物を食べること)をするという理由で返金を要求した女性が、断られたことから犬を投げつけて死なせるという出来事があり、物議を醸している。しかも、女性が子犬を投げつける様子が写っている映像=写真=がソーシャル・メディアで公開され、大勢の人々の怒りを買っている。この映像は江原道江陵市でブリーダー(繁殖業者)をしているA氏(49)の息子が10日、インターネット上に掲載した。

 A氏によると、渦中の女性は9日、A氏の店で生後3カ月のマルチーズを購入した。ところが、それから7時間後の同日午後5時ごろ再び店に来て、「犬が糞(ふん)を食べる」と返金を要求した。しかし、A氏は「契約書上、食糞は返金可能な項目ではない」とこれを断り、女性と口論になった。女性は子犬をかばんから取り出し、A氏に向かって手に投げつけて店を出た。この様子は防犯カメラにそのまま記録されていた。女性が投げつけた子犬はA氏の胸にぶつかった後、床に落ちたが、翌10日午前2時30分ごろ死亡した。死因は脳に衝撃を受けたことによる脳出血であることが確認された。

 この出来事が発生した後、A氏は女性に「動物虐待・名誉毀損(きそん)訴訟を起こす」というテキストメッセージを送り、女性もA氏を相手取り法的対応に出るとの見解を示唆したという。警察はこの件に関して、女性が動物保護法に違反していると見て捜査に着手した。

「韓国の話題」をもっと詳しく

  • 人数も戦闘機の数も韓国軍が多いが…最新鋭の装備を揃えた自衛隊
  • 天皇謝罪発言の韓国国会議長「日本から数十回の謝罪されていない」
  • 韓国国会議長「日本の指導者の謝罪必要」 訪問先のアメリカで発言