「空飛ぶホテル」A380の生産打ち切りへ エアバス

 欧州航空機最大手エアバスは14日、「空飛ぶホテル」とも言われる超大型旅客機「A380」の生産を2021年で終えると発表した。A380の最大顧客のエミレーツ航空(アラブ首長国連邦)が、39機のA380の発注をキャンセルし、より機体の小さい機種に切り替えたため、生産継続が難しいと判断した。

 A380は総2階建てで500以上の座席を設けられる世界最大の旅客機。エアバスは世界の航空会社から313機を受注し、234機を納入している。

 このうちエミレーツは162機を発注し、109機を導入。しかし、14日までのエアバスとの協議で、残りの53機の発注分のうち39機をキャンセルし、代わりにひとまわり小さい大型機「A350」30機と、中型機「A330」40機に切り替えることで合意した。

 エアバスのエンダース最高経営…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら