【フェブラリーS】コパノキッキング・村山師トーク「勝てば競馬界盛り上がる」

 2019年のGI開幕戦、フェブラリーSの追い切りが13日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。JRA女性騎手としてGI初挑戦で注目される藤田菜七子騎手(21)がコンビを組むコパノキッキング(栗東・村山明厩舎、セン4歳)は、調教助手を背にCWコース5ハロン66秒1(ラスト1ハロン13秒1)をマークし、村山明調教師(47)も納得の仕上がり。同レース史上最多の3勝トレーナーは「あとはジョッキーに任せたい」と菜七子にバトンを託した。

 --先週8日に藤田騎手がコパノキッキングに騎乗。どんな話をしたのか

 「いろいろなことを話しました。敏感なところがある馬で難しさもあるけど、すごくいい脚を使うという話をしました」

 --初めての1600メートルとなる

 「距離はやってみないとわからない部分ですが、もってくれないかな…と思っています」

 --東京の前走から、中2週でまた東京

 「輸送も大丈夫です。前走後は少し、疲労感がありましたが、そこから徐々に成長している感じもあります」

 --オーナーはDr.コパこと小林祥晃オーナー

 「頭のいい方。馬にいろいろなテーマ、課題を与えて走らせています。レース選択なども的確で、何より競馬が好きな方ですね」

 --ファンへひと言

 「女性騎手のGI初騎乗ということで、これで勝てば競馬界も盛り上がっていくと思うので、連勝している勢いを味方につけて、(コパノキッキングと藤田菜七子騎手には)いい競馬をしてほしいと思います」