【ロッテ】ドラフト1位の藤原、第2打席でプロ初安打!第3打席で初適時打!さらに猛打賞

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=が14日、沖縄・北谷で行われた中日との練習試合に「1番・中堅」でスタメン出場。3回無死の第2打席で“プロ初安打”をマークした。

 この日は初めてNPB球団と対戦。同じ高卒1位ルーキーの小園(広島)、根尾(中日)より早く実戦で初安打を放った。

 カウント1ボールから中日先発の笠原が投げたストレートをはじき返し、痛烈な打球で一、二塁間を破った。昨年の日米野球で好投した侍ジャパンの投手から安打を放ち、能力の高さを示した。

 さらに4回の第3打席では、2死一、二塁で石川翔から中前にプロ初の適時打。8回には田島から同点二塁打を放ち、猛打賞となった。