すがすがしい自虐っぷり…「志摩スペイン村」のサイトが話題なので担当者に聞いた

「自虐ネタに走った」と話題

三重県にあるテーマパーク「志摩スペイン村」をご存知だろうか。
1994年に開業し今年で25周年を迎える、三重県を代表するテーマパークなのだが、ホームページ上に自虐ネタとも思える内容が掲載されていると、ツイッターで話題になっている。
それがこちらのページだ。

【画像】ネット上で自虐だと話題のページ画像はこちら!

1. 並ばないから乗り放題「何回乗れるかな?」
待ち時間ほぼゼロ!全28機種のアトラクションを好きな時間に好きなだけ乗り回せる!

2. 空いてるから映え放題
インスタ映えするスポットがたくさん!人が少ないから人の映り込みナシ!Photo & movie 撮り放題!

3. ライバルが少ないから目立ち放題
スペイン人ダンサーに混ざって踊れたり、気合次第でショーの主役にもなれちゃう!恥ずかしい?皆で挑めば忘れられない思い出に!

4. 距離も近いから仲良し放題
キャラともスペイン人ともお近づきになり放題。3回会ったらもうマイメンレベルなんてw どこぞの施設ではありえない2shotも撮り放題!

中々にボリューミーなスクロールをたっぷり使って、とにかく伝わってくるのは人が少ないというポイントだ。ツイッター上でも以下のような、多くの反応が寄せられていた。

・このすがすがしい自虐っぷり、嫌いじゃないw
・三重なのに全く見栄をはってないところがすごい
・もう行ってあげたい
・三重県民として複雑すぎるww

確かに自虐ページのようにも思えるが、担当者はどういう意図でこのページを作成したのだろうか。志摩スペイン村の広報宣伝担当・柴原さんにお話を聞いてみた。

「あくまで自虐ではなく事実」

ーーTwitterで自虐ページと話題になっていることは知っていた?

昨夜、知人からトレンドに入っているという連絡があり、知りました。「なんで?」が正直な感想です。びっくりしました。

ーー本当に自虐の意味合いで作成した?

今年が開業25周年ということもあり、2月9日から3月31日にかけての期間限定で発売する「学割満喫パスポート」をPRするため、ターゲットである学生のツイートを参考にしました。

また、来園した学生が、志摩スペイン村のどこに魅力を感じてくれたのかを、多くの投稿をもとに調べてみた結果、主に以下の3点だと判断しました。

・インスタ映えするスポットが多い
・アトラクションに何回も乗れた
・キャラクターと直接触れあえる

こうした“リアルな声”を踏まえて訴求すれば、「学生の心に響くのでは?」との思いで制作しました。あくまで自虐ではなく、事実を掲載させて頂きました。

ーー入場者層の割合は学生多め?

日によって違うので、一概に返答はしにくいですが、ファミリー層の方に多く利用していただいております。具体的なデータはありませんが、例年2月3月の平日は、学生の割合が多いように感じます。

ーー「待ち時間ほぼゼロ」を謳っているが、繁忙期もほぼゼロ?

待ち時間につきまして、春休み・GW・夏休みのお盆期間は発生しますが、1時間以上発生する日は、年間で数日です。また、入場制限を行ったことはございません。

担当者によると「学割満喫パスポート」のPRとして、若者に向けて作ったためこの形になったが、あくまで自虐ではなく事実とのことだった。
「志摩スペイン村」の利用者数をみてみると、オープン時は約375万人だったが、年々下がり続け、2017年は約120万人となっている。(※2000年度まではテーマパーク入園者数のみ。2001年度以降は、テーマパーク・ホテル宿泊者・温泉入浴者の合計)

“自虐PR”から受ける印象ほどガラガラなのかは定かではないが、せっかくなのでおすすめのアトラクションも聞いてみた。

次ページは:絶叫コースターに映えスポットもいっぱい

1/2ページ