フルサイズミラーレスで4K60p対応「LUMIX S」3月23日発売。HLGフォトも

パナソニックは、同社初となる35mmフルサイズイメージセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ「LUMIX Sシリーズ」を3月23日に発売する。価格はオープンプライスで、ボディ単体の店頭予想価格は有効4,730万画素の「LUMIX S1R」が46万4,000円前後、2,420万画素の「LUMIX S1」が31万4,000円前後。Sシリーズ用のLマウントレンズ3モデルも同日に発売し、24-105mm標準ズームレンズ付属の「Mキット」も両モデルに用意し、S1Rのキットが57万6,000円前後、S1のキットが42万6,000円前後。

【この記事に関する別の画像を見る】

昨年のフォトキナで開発を発表し、2019年1月のCES 2019において「3月末よりグローバルで順次発売」としており、国内での発売時期が正式に決定した。4K/60p動画が撮影できるフルサイズセンサーのミラーレス一眼カメラは世界初としている。

「プロカメラマンやカメラ愛好家の仕事や本格的な作品作りに応える」というフルサイズミラーレス一眼として提案。S1Rは、「究極の表現力を求めるプロ」に、S1は「静止画と動画のハイブリッドクリエイター」に向けたカメラと位置付けている。

「LUMIX S1R」と「LUMIX S1」の2機種とも、新開発35mmフルサイズセンサーと画像処理ヴィーナスエンジンを搭載。有効画素数はS1Rが約4,730万画素、S1が約2,420万画素で、いずれもローパスフィルターレスCMOSセンサー。手ブレ補正技術の「Dual I.S.2」を備える。レンズはライカのLマウントを採用する。

4K60p動画撮影に対応し、4Kの30p全画素読み出しが可能。用途に応じて3つのモードを用意し、「FULL」はCMOSセンサー全域よりやや狭い画角で記録。「APS-C」は解像度を優先して浅い被写界深度撮影ができるSuper35mm画角で記録する。「PIXEL/PIXEL」は、センサーの1ピクセルを動画の1ピクセルとして記録する。S1は、4K/30p動画の時間無制限撮影(温度制限あり)に対応する。

動画フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264(MP4)とAVCHDで、S1のみH.265/HEVC(MP4)にも対応。フルHDの180fpsスロー動画や、8Kタイムラプス撮影にも対応する。

さらに、S1は別売予定の有償ソフトウェアアップグレードにより、4:2:2の10bit 4K30p録画と、4K60pでのV-Log収録、HDMI出力に対応する予定。

明暗の階調性豊かなHDR写真表現を可能にする新機能「HLG(Hybrid Log Gamma)フォト」を搭載。より広いダイナミックレンジでの撮影を可能にするもので、露出オーバー、または露出アンダーになる可能性が高いまぶしい光と暗い影の両方を再現。

HLGフォトで撮影した写真は「HSP」ファイルとして作成。HDMIケーブル接続、または他のHLG準拠デバイスを介して、HLGに対応したパナソニックの4Kテレビで鮮やかに表示できるとする。

高精細な撮影を可能とするハイレゾモードを搭載。ボディ内手ぶれ補正機能を備えているが、このイメージスタビライザー(IS)機構を活用し、センサーを移動させながら8枚の連続画像を自動撮影。高速な信号処理が可能な新しい「Venus Engine」を用いて、1枚の高解像度画像に合成。「細部まで忠実に再現された、美しく、非常にリアルなイメージとして保存できる。繊細なディテールで自然の風景や美術品を撮影するのに理想的」だという。

独自の空間認識技術「DFD」とコントラストAFを搭載し、「業界最速のフォーカススピード」としているほか、動く被写体を正確に認識するAdvanced AI Technologyにより追従性能を高めている。新たに、動物認識にも対応した。576万画素の高解像度有機ELビューファインダーも採用する。

ライカとパナソニック、シグマの3社が協業した「Lマウントアライアンス」により、パナソニックとシグマが、Lマウントを利用した自社の製品をリリース予定。LUMIX Sシリーズでは、パナソニックのレンズだけでなく、ライカやシグマのLマウント交換レンズも装着できる。記録メディアは同社初となる、XQDとSDカードのダブルスロット。3軸チルト液晶を搭載している。

Sシリーズ用のLマウントレンズとして3モデルを発表。大口径の単焦点レンズ「LUMIX S PRO 50mm F1.4 (S-X50)」が285,000円、望遠ズーム「LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S. (S-R70200)」が210,000円、標準ズームレンズ「LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. (S-R24105)」が160,000円。2020年までに「LUMIX S PRO」レンズを中心に10以上のレンズを設計/開発予定としている。

AV Watch,中林暁