プーマとNBAが複数年のパートナーシップを締結

NBA Entertainment
https://images.performgroup.com/di/library/sporting_news/e9/48/bal_q124p3av8cpw1i3o9fntfh0y1.jpg?t=-367282136&w=500&quality=80

2月13日(日本時間14日)、NBAとPUMA(以下プーマ)は、新たに複数年のパートナーシップを締結したことを発表した。今回のパートナーシップにより、プーマはNBAの公式マーケティングパートナーになる。

📺 ライブ・見逃し配信 今なら31日間無料トライアル実施中(Rakuten TV / NBA公式視聴サービス)

再びバスケットボール界に戻ってきたプーマにとって、今回のコラボレーションはブランドの発展に繋がる。今回のパートナーシップ締結に伴い、プーマは契約選手が各々の所属チームのジャージーを着用すること、そして各チームのロゴの使用が認められる。また、ブランド、契約選手に関するストーリーを伝えるため、リーグ公認、リーグオリジナルのコンテンツを使用できるようになった。

プーマは、2018年10月に初のシグネチャーシューズ『Clyde Court Disrupt』を発表し、バスケットボール市場に帰ってきた。また、ノースカロライナ州シャーロットで開催されるNBAオールスター2019を間近に控えた先日、新たなバスケットボールシューズ『Uproar Charlotte』を発表したばかりだ。同シューズは、現代のスタイルを強調しながら、シャーロットのバスケットボールのルーツに敬意を表している。滑らかなデザインの『Uproar Charlotte』は、シャーロットの過去と現在を色で表現し、トップパフォーマンスを実現させる最新テクノロジーを投入。プーマは、よりバリエーション豊富なバスケットボールスニーカーを年内に販売する予定となっている。