大塚家具/資本・業務提携で複数社と協議

大塚家具は2月14日、一部報道機関において、「大塚家具が企業連合やファンドと第三者割当増資にて数十億円規模の業務・資本提携を検討している」との報道があったことを受け、コメントを発表した。

<大塚家具>
大塚家具

同社によると、「財務基盤強化のための資本増強や、事業シナジーを生む資本・業務提携についてさまざまな選択肢を多面的に検討しており、複数社と協議をしているが具体的に決定した事実はない」という。

なお、第三者割当増資に関する報道の真偽等に関する発表が行われたことを受け、東京証券取引所は8時20分から9時20分まで、大塚家具の株式の売買を停止した。9時21分から株式の売買は再開している。