心機一転、クラブ契約フリーの服部真夕「がむしゃらに、とにかくがむしゃらに!」【グアム知事杯】

<グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 事前情報◇13日◇レオパレスリゾートCC(グアム)◇6517ヤード・パー72>

藤田光里ら参戦の大会フォト集【写真】

ツアー5勝の実力者ながら、昨年シード権を手放し、さらにファイナルQTでも95位と結果を残せなかった服部真夕が、今日から2日間の日程で開催される「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」に参戦する。

「昨年はシードを落とし、QTも…。今年は1からやり直しです。レギュラーツアーは推薦をいただける試合も限られますから、出る試合はがむしゃらに、とにかくがむしゃらにプレーしていくつもりです」

出直しのシーズンを前に、海外ではイ・ボミ、黄アルム(ともに韓国)らと海外で合宿を行い、乗り込んだグアム。

「レギュラーツアーの試合でなくても、今の私はとにかくがむしゃらにやるだけなんです」と、かなりの意気込みで臨むことになる。そう話す服部の言葉に、ある種の自信と覚悟を感じることができる。そして、長年契約していたメーカーから離れ、いわゆるクラブ契約フリーになったことも覚悟の表れといえそうだ。

「契約がフリーになったといっても、アイアンやユーティリティはミズノさんのものを使っています。ただ、今の自分の状況を考えて、いったんリセット、1からやり直しということです」

長年使用してきたミズノとのクラブ契約を解消し、まさに心機一転、復活を期す服部真夕。言葉数は少ないが、復活の手ごたえを感じているようだった。

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>