杉咲花、高校時代のバレンタインは「ほろ苦い思い出」

2019/02/14 07:00:00

女優の杉咲花が12日、テレビ朝日系ドラマ『ハケン占い師アタル』(毎週木曜 21:00~)の撮影現場で、バレンタインプレゼントをキャスト陣に送った。

  • image

    杉咲花とプレゼントを受け取ったキャスト陣 -テレビ朝日提供

杉咲は、小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、板谷由夏、及川光博がそれぞれ演じる登場人物を描いたクッキーと、各登場人物のパーソナルカラーをまとった花をプレゼント。

そして、「一時期、毎年クッキーを作って、友達に渡していたんです。でも、高校2年のときに周りから『それはホワイトデーに渡すものじゃないか?』と言われて…。そのときに、バレンタインデーはチョコレートをあげる日なんだって知りました」と明かし、「ほろ苦い思い出です」と苦笑いしていた。

志田は「私の中でバレンタインデーはないものに等しいんです」と笑顔を見せ、志尊は「学生時代のバレンタインデーに、駅で好きな人から手作りのお弁当を渡されたんです。それがとてもうれしくて、今も覚えています」と思い出を語る。

そして間宮は「小学3年のときに転校し、新しい学校で好きな子ができたんです。その後、小学6年のバレンタインデーに、その子からチョコをもらったんですよ。ホワイトデーのお返しをするときに、周りから『行け、行け!』と囃し立てられて告白しました」と振り返り、「付き合うという話までは発展しなかったけど、いい思い出です」と語った。