悠仁さま 卒業を報告

 秋篠宮ご夫妻の長男悠仁ひさひとさま(12)は15日、お茶の水女子大付属小学校(東京都文京区)を卒業された。夕方にはご夫妻とともに皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に卒業を報告された。

 午前中に同大講堂で開かれた卒業式では、113人の卒業生のうち、50音順で最初に名前を呼ばれたのが悠仁さまだった。「秋篠宮悠仁」と呼ばれると、「はい」と元気よく返事をし、卒業証書を受け取られた。

 終了後には、ご夫妻と中庭で記念撮影。「おめでとうございます」との声に、はにかみながら「ありがとうございます」と笑顔を見せられた。ご夫妻は宮内庁を通じて「良き友人たちや教職員の方々にも恵まれて、楽しく充実した学校生活を送ったように思います」との感想を出された。

 宮内庁は悠仁さまの卒業文集も公表した。文集には、丁寧な直筆の字で「人は自然界の中で生きている」とのメッセージを寄せられた。「お茶小の六年間」と題した作文では「仲間と一緒にいろいろな課題に取り組み、学んだことで、新しいことに気づいたり考えたりしました」と振り返られた。

 悠仁さまは同大付属幼稚園を経て2013年4月に同小に入学。戦後生まれの皇族が学習院以外の小学校に入学するのは初めてだった。4月に同大付属中学校に進学される。