【スプリングS予想】距離は克服可能と見て ファンタジスト/JRAレース展望

 弥生賞とともに皐月賞、そしてダービーへと向かう上でもっとも重要な位置にあるステップレース。どちらかといえば弥生賞がダービーとの関連性が強いのに対して、このレースは皐月賞との関連性が強い。過去10年で、3頭の皐月賞馬(アンライバルド、オルフェーヴル、ロゴタイプ)がこのレースとの連勝を決め(ただし、11年オルフェーヴルはスプリングSが阪神開催、皐月賞が東京開催)、昨年は2着エポカドーロが皐月賞で巻き返しVを果たしている。

【写真】ファンタジストこれまでの軌跡

 阪神競馬場で行われた2011年を除く、過去10回の1~3番人気馬は6勝2着6回3着5回。1番人気馬は3勝2着3回3着3回と複勝率は90%にもなっている。

 ◎ファンタジストは出走メンバー中唯一の重賞勝ち馬で、それも重賞2勝馬だ。朝日杯FSの敗因を距離だけに求めれば、更なる距離延長となる今回も苦戦が考えられるが、当時、出走メンバー中2位タイの上がりタイムを繰り出していることからコーナーを4回まわる中山競馬場の1800mならば克服可能とみる。

 相手筆頭は朝日杯でファンタジストに先着している○クリノガウディー。勝ち馬には抵抗できずに敗れたが、器用なところを見せたし東京スポーツ杯の内容も悲観するものではなかった。ここで好走すれば次走は人気になるだろうから、妙味は今回だ。

 朝日杯組以外ではエリカ賞3着、きさらぎ賞2着の▲タガノディアマンテに食指が動く。半兄2頭(タガノトネール、タガノエスプレッソ)が重賞勝ち馬という血統。オルフェーヴル産駒らしく使われながらレースを覚えてきた感がある。きさらぎ賞は、3着馬が次走で自己条件特別を快勝し、5着馬が弥生賞を勝つのだからレベルの低い1戦ではなかった。逆転ならこの馬だ。

 ほか、葉牡丹賞をレコード勝ちした△シークレットランや、ここまで3戦2勝の△ロジャーバローズあたりのレース振りもしっかりと見ておきたいところ。最後に前走の内容が良かった△ユニコーンライオンまで名前を挙げておきたい。