【決勝レポート】レッドブル・ホンダがいきなり表彰台獲得!トロロッソ・ホンダもポイントゲット!/F1オーストラリアGP

2019年F1第1戦オーストラリアGPが3月17日(日)、アルバート・パーク・サーキット(1周/5.303km)で3日目を迎え、現地時間16時10分(日本時間14時10分)から行われた決勝でメルセデスのバルテリ・ボッタスが優勝した。通算4勝目。

●【高画質画像:決勝タイム結果】2019年F1第1戦オーストラリアGP決勝のタイム差、周回数

■ボッタスがロケットスタート

レッドシグナルが消えてレースがスタートすると2番グリッドからスタートしたボッタスが抜群の加速を見せてポールポジションからスタートしたチームメートのルイス・ハミルトンを抜き去る。ボッタスはその後安定した速さを見せ、徐々に後続とのギャップを開いていった。

序盤はボッタスを先頭に、ハミルトン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ハースのケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャン、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、ランド・ノリス(マクラーレン)がトップ10の位置で周回を続けた。

■レッドブル・ホンダがフェラーリを攻略

レースが11周目に入ったところで18番グリッドからスタートしたカルロス・サインツ(マクラーレン)のマシンから出火。サインツは白煙を噴き上げるクルマをコース脇に止め、ここで無念のリタイアとなった。

13周目に9番手を走行していたライコネンがピットに向かいタイヤ交換を行うと、このあたりからほかにもピットに向かうドライバーたちが出てくる。

そして上位勢ではベッテルが15周目にピットに入り、オーストラリアに持ち込まれたドライタイヤの中で中間に位置するミディアムタイヤに交換する。

ベッテルがハミルトンのアンダーカットを狙ったのは確かであり、メルセデスもこれに対応すべく次の周にハミルトンにピットイン指示を出し、ハミルトンはベッテルの前でコースに戻った。

これにより、コース上の順位はボッタスを先頭に、フェルスタッペンが2番手、ルクレールが3番手に上がっていく。

ボッタスはスタートしたソフトタイヤで23周を走り、24周目に入るところでミディアムタイヤに交換。まだタイヤ交換を行っていないフェルスタッペンとルクレールの間2番手でコース復帰を果たす。

フェルスタッペンも26周目にピットに入りミディアムタイヤに交換。フェルスタッペンはベッテルの後ろ5番手でコースに復帰。29周目にルクレールがピットインしたことで4番手に順位を戻したフェルスタッペンは、新しいタイヤのアドバンテージを得て早めにタイヤ交換を行っていたベッテルに迫り始める。

そして31周目、フェルスタッペンがベッテルをコース上で抜き去り、表彰台圏内の3番手に浮上する。

■終盤にはファステストラップ合戦も

レースが終盤にさしかかる38周目に17番グリッドからミディアムタイヤでスタートし、まだタイヤ交換を行っていなかったガスリーがピットイン。ガスリーはソフトタイヤに交換してコースに向かう。兄弟チームであるトロロッソのダニール・クビアトの前10番手の位置でコース復帰したガスリーだが、まだタイヤが温まっておらず、クビアトに先行を許し11番手に下がってしまう。

58周で戦われたレースが残り5周となった54周目にフェルスタッペンが今季から導入されたファステストポイント獲得を目指してペースを上げ始める。見事にこのラップで最速ラップタイムを刻んだフェルスタッペンだが、ボッタスが57周目にそのタイムをさらに塗り替え、今季初のファステストラップポイントもほぼ手中に収めた。

結局ボッタスがトップでチェッカーを受け、幸先のよい2019年F1シーズンをスタートさせている。2位にはハミルトンが続き、メルセデスが開幕戦で1-2フィニッシュを達成した。

そしてレッドブル・ホンダのフェルスタッペンが3位となり、2015年のF1復帰以来初めてホンダエンジン搭載マシンが表彰台を獲得している。

そのほかのホンダ勢は、トロロッソのクビアトが10位で1ポイントを獲得。レッドブルのガスリーは11位、このレースでF1デビューを飾ったトロロッソのアレクサンダー・アルボンは14位だった。

■決勝トップ10ドライバー(暫定)

優勝/バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2位/ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3位/マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
4位/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5位/シャルル・ルクレール(フェラーリ)
6位/ケビン・マグヌッセン(ハース)
7位/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
8位/キミ・ライコネン(アルファロメオ)
9位/ランス・ストロール(レーシングポイント)
10位/ダニール・クビアト(トロロッソ)

2019年F1第2戦バーレーンGPは3月29日(金)の現地時間14時(日本時間20時)に開幕。決勝は3月31日(日)の現地時間18時10分(日本時間24時10分)にスタートする。