【F1レース速報】レッドブル・ホンダ、フェラーリを華麗にオーバーテイク!見えた表彰台!

F1開幕戦オーストラリアGPの決勝レースが日本時間14時10分にスタートした。

スタート直後に母国グランプリを迎えているダニエル・リカルド(ルノー)が芝生に出てしまい、自らフロントウイングを壊してしまうトラブルから始まった。

●【決勝タイム結果】2019年F1第1戦オーストラリアGP決勝のタイム差、周回数

11周目、カルロス・サインツ(マクラーレン)が「ロストパワー!ロストパワー!(パワーがなくなった!)」と無線で叫び、今シーズン初のリタイアとなってしまった。

31周目、4番手を走行するマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を3コーナーのアウト側から華麗にオーバーテイクした。ホンダパワーがフェラーリをオーバーテイクするという印象的なシーンとなった。

セバスチャン・ベッテルはメルセデスから大きく離されており、タイヤに苦戦しているようだ。シャルル・ルクレール(フェラーリ)がハードタイヤ(ホワイト)へ交換したことからも、フェラーリ勢がタイヤに苦しんでいるのが分かる。

このままいけば、マックス・フェルスタッペンは表彰台を獲得することになる。レッドブルとホンダにとっても素晴らしい開幕となることだろう。

現在のリタイアは、カルロス・サインツ(マクラーレン)、母国グランプリのダニエル・リカルド(ルノー)、ロマン・グロージャン(ハース)の3名だ。