インドネシア 鉄砲水で58人死亡 東部パプア

16日発生した鉄砲水の被害を受けたインドネシア・ジャヤプラ近郊の様子=同国国家災害対策庁提供、共同


 インドネシア東部パプア州の州都ジャヤプラ近郊で16日、豪雨による鉄砲水や土砂崩れが発生し、国家災害対策庁によると、少なくとも58人が死亡、74人が負傷した。当局が救助活動と被害の全容把握を急いでいる。


 同庁のストポ報道官によると、鉄砲水で少なくとも家屋350戸が損壊し、多くの住宅が浸水。避難した住民は約4千人に上った。州都近郊センタニにある空港にも水や土砂が流れ込んだ。


 救助活動に当たっていた軍の兵士は17日、倒壊した住宅の中から生後5カ月の赤ん坊を救出した。


 インドネシア各地ではほぼ毎年、豪雨による洪水や鉄砲水などで犠牲者が出ている。(共同)