ダイヤモンドバックスの平野、きっちり修正=米大リーグ

 ダイヤモンドバックスの平野が、マイナー中心のカブス打線に貫禄を示した。先頭には「マウンドが荒れていて(足場を)調整できなかった」と四球を与えた後、落差の大きいフォークで連続奪三振。最後も二飛に打ち取り、「落ち着いて投げられた」と自らの修正力に納得した。

 キャンプで取り組んでいるクイックにも手応えを感じ、「しっかり投げられたのでいい練習になった」と言う。開幕に向け「直球の制球とか、フォークの切れとかを重点に置いて、自分の投球をしていくことが大事」と気を引き締めた。