フランスで18週目の「黄ベスト運動」、ブランド店で略奪も

ニュース

社会

2019年3月17日 9:45 発信地:パリ/フランス
[
フランス
ヨーロッパ
]

フランスで18週目の「黄ベスト運動」、ブランド店で略奪も


1/20


仏パリで行われた「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」運動のデモで、凱旋門前に出動した警察の放水車(2019年3月16日撮影)。(c)Geoffroy VAN DER HASSELT / AFP

【3月17日 AFP】フランスで16日、エマニュエル・マクロン()大統領の政策に抗議する「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、)」運動が行われた。昨年11月に始まった一連のデモは今回で18週目。

 首都パリのシャンゼリゼ()通りでは同日、複数のデモ参加者が商店で略奪を行うなど、ここ数週間のデモに比べて暴力が激しさを増した。

 凱旋(がいせん)門()を警備する警官にデモ参加者が投石するなか、紳士服ブランド「ヒューゴボス()」の店舗や老舗カフェ「フーケ()」などが略奪の被害を受けた。

 マクロン大統領は、有権者が不満を訴え、政策変更を提案する場として「国民討論会」を今年1月から開いてきたが、デモ参加者らは、不満をそらすものでしかないと指摘していた。今回のデモはこの討論会の終了と同時に実施が呼び掛けられた。

 16日のデモ参加者数は、昨年11月に燃料税値上げに対する抗議運動として始まり、その後反政府運動に発展したジレ・ジョーヌ運動の勢力を判断する目安になるとみられている。

 ここ数週間デモ参加者は減っていたが、内務省の推計によると16日は仏全土で約3万2300人、うちパリで約1万人。一連のデモが始まった昨年11月17日の全国の参加者28万2000人からは大幅に減っているが、前週を上回った。16日のデモで警察は240人近くを逮捕した。検察当局によると100人以上が拘束されている。(c)AFP/Simon VALMARY, Clare BYRNE

社会 一覧へ>

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>