リーグ戦初白星を 鳥栖、ホームで17日磐田戦

磐田戦に向けた練習で競り合うMFクエンカ(左)とDF三丸=鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第4節の17日午後1時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムでジュビロ磐田と対戦する。13日のルヴァン杯・柏戦で今季初勝利を挙げた勢いそのままに、リーグ戦でも初白星をつかみたい。

 鳥栖は前節、FC東京に0-2で敗れ、リーグ戦は開幕3連敗となった。前半を0-0で折り返し、攻勢を強めようと後半15分にMFクエンカを投入したが、直後にMF高橋秀が2度目の警告を受けて退場。体を張った守備で猛攻をしのいでいたが、43分にオウンゴールで失点し、終了間際にも追加点を許した。

 磐田はここまで2分け1敗(勝ち点2)。鳥栖と同じくまだ勝利がない。前節の大分戦は先制点を許した後、相手を止めようとしたDF大南が一発退場。MFアダイウトンのゴールで同点に追いついたが、数的不利でサイド攻撃に対応しきれず勝ち越し点を許した。

 昨季11得点を挙げたFW川又、勢いに乗るアダイウトン、経験豊富なFW大久保ら攻撃陣には警戒が必要だ。

 鳥栖はリーグ戦3試合を終えてまだ無得点。今節は精神的支柱のMF高橋秀も出場停止となるが、ルヴァン杯・柏戦で勝利を挙げたことで選手たちには自信が芽生えつつある。MF高橋義は「守備に関しては手応えを感じている。戦う姿勢など鳥栖の良さは出せている」と前向きに話す。強力な相手攻撃陣に対するDF高橋祐は「クロスに気をつけたい。絶対に勝つ」と闘志を燃やす。