レッドブル・ホンダが3位!フェルスタッペンが初表彰台もたらす/豪州GP

 F1世界選手権開幕戦オーストラリアGP決勝(17日、メルボルン、アルバートパーク・サーキット=1周5・303キロ×58周)今季からホンダがパワーユニット(PU)を供給するレッドブルのマックス・フェルスタッペン(21)=オランダ=が3位に入った。メルセデスのバルテリ・ボッタス(29)=フィンランド=が制し、通算4勝目を挙げた。 

 2015年にF1に復帰したホンダに、初の表彰台をもたらした。新コンビで迎えたシーズン開幕戦。レッドブル・ホンダはフロントロー(最前列)こそ逃したがフェルスタッペンが4番手で2列目につけた。

 表彰台を狙える実力を示した21歳のエースは、安定したレースペースで走行。一時は首位に浮上する快走を見せた。32周目だった。フェラーリのセバスチャン・フェテル(31)=ドイツ=に迫ると、鮮やかなオーバーテイクで3位に順位を上げた。その後はフェテルとの差を広げ、2位のルイス・ハミルトン(34)=英国=に1秒以内に迫った。

 シーズン前の合同テストでは同僚のピエール・ガスリー(23)=フランス=と2人で833周を走行。パワーユニット(PU)の信頼性には手応えをつかむ一方、最終日にトラブルが発生して予選を想定した走行ができていなかった。1周の速さについては未知数だったものの、予選で地力の一端を示し、決勝では総合力を示した。