レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、予選2列目獲得には満足……クリーンなスタートが鍵

 まもなくスタートの時を迎えるF1開幕戦オーストラリアGP。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、4番グリッドからスタートする。

【リザルト】F1開幕戦オーストラリアGP スターティンググリッド

「予選が上手くいったことには満足している」

 フェルスタッペンはそうチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「特に今朝のモノコックの交換など、今週末にはいくつかの困難もあり、少し心配もしていた」

「しかし、サーキットやファクトリーのスタッフたちが、良いセットアップを見つけるために、本当によく協力して働いてくれた。2列目を獲得できたことに、本当に満足できると思う」

 レッドブル勢は予選Q1の戦略に失敗。フェルスタッペンのチームメイトであるピエール・ガスリーは、まさかのQ1敗退を喫した。

「Q1はとても僅差だった。こういう公道コースでは、最初のアタックからうまくやらなきゃいけない。2回目のアタックが上手くいき、タイムを更新できたのは良かった。でもとても僅差だったんだ。僕らは他のチームとは異なり、1セットのタイヤしか使わない予定だったからね」

「予選モードによる追加パフォーマンスも、確実に感じることができた。これも素晴らしいことだ」

「マシンの良いバランスを見つけるのは難しいし、前との差という意味では理想的なポジションではない。でも、現実的な観点で言えば、このグリッドポジションに満足すべきだと思う」

「4位という結果は、予選に挑む前に予想していたよりも良い順位だ」

 決勝でどこまで行けるか……それを明言するのを避けるフェルスタッペン。しかしとにかく、スタートをしっかり決めることが重要だと語った。

「決勝でどこまで行けるかを言うのは難しい。金曜日にレース距離を走ることはできなかったけど、タイヤの扱いについては順調に進んでいるように見える。クリーンなスタートを切ることができれば、僕らにできることが見えてくるだろう」