山形がホーム開幕戦飾る…この勢いは本物?3連勝した相手がすごい

[3.17 J2第4節 山形1-0大宮 NDスタ]

 J2第4節が17日に行われ、モンテディオ山形はホーム開幕戦で大宮アルディージャと対戦し、1-0で勝利した。決勝点を挙げたのは新加入のFWジェフェルソン・バイアーノ。3連勝を果たし、5位に浮上した。

 開幕からのアウェー3連戦を2勝1敗で乗り切り、2連勝でホーム開幕戦を迎えた山形。前節の町田戦(3-0)で途中出場から加入後初ゴールを挙げたFWジェフェルソン・バイアーノが3-4-2-1の最前線で今季初スタメンを飾った。一方、前節の徳島戦(1-0)で今季初白星を手にした大宮は先発メンバーの変更はなし。布陣は山形と同じ3-4-2-1で臨んだ。

 ミラーゲームとなった中、試合を動かしたのは強烈な個の力だった。前半19分、山形の3バックの左で今季初出場を果たしたDF坂井達弥が裏へボールを送ると、走り込んだJ・バイアーノがDF菊地光将とDF渡部大輔の間を割って入り、PA内左へ強引にドリブル突破。最後は渡部に倒され、PKを獲得する。

 前半20分、自らPKキッカーを務めたJ・バイアーノが右足でゴール左を狙ったシュートを打つと、GK笠原昂史に触られながらもネットを揺らし、山形が先制に成功。大宮は同アディショナルタイム4分に左サイドのスローインの流れからFWフアンマ・デルガドが決定機を迎えたが、決め切れずに1点ビハインドで折り返した。

 大宮は後半9分にMFダヴィッド・バブンスキーとの交代で、ベンチスタートとなっていたFW大前元紀を投入する。後半37分には大前のFKにフアンマがドンピシャのヘッドで合わせるが、惜しくもゴール左外へ。大宮は攻め込みながらも最後までゴールを割れず、2試合ぶりの黒星を喫した。

 山形は第2節で昨季3位の横浜FCを2-0で下すと、続く第3節では昨季4位の町田を3-0で撃破。そして今節は昨季5位の大宮を相手に完封勝利を収め、今後に自信をつける3連勝となった。