新名神、一部きょう開通 新四日市-亀山西の23キロ


ニュース


dly1903170013




 中日本高速道路(名古屋市)は17日、新名神高速道路の新四日市ジャンクション(JCT、三重県四日市市)-亀山西JCT(同県亀山市)間約23キロの同日午後4時開通を前に、新設する鈴鹿パーキングエリア(PA)付近でセレモニーを開いた。

 石井啓一国土交通相や地元住民ら約600人が出席。くす玉を割り、関係者が車で走る「通り初め」を行った。石井氏は記者団に「渋滞緩和だけでなく、沿線の製造業の生産性向上にも役立つ」と述べた。セレモニーに先立ち、近くの小学校で沿線自治体や施工業者向けの開通式典もあり、中日本高速の宮池克人社長が「物流の効率化などが期待される」とあいさつした。

 並行する東名阪自動車道の渋滞が今回の開通でほぼ解消するとされ、中部と関西の往来が円滑になる。