浦和、アウェイでC大阪に逆転勝利…杉本健勇の恩返し弾が決勝点に

セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した

写真を拡大

 明治安田生命J1リーグ第4節が17日に行われ、セレッソ大阪と浦和レッズが対戦した。

 リーグ戦連敗脱出を目指すC大阪は柿谷曜一朗、都倉賢、レアンドロ・デサバトらが先発。対する浦和は昨季までC大阪に在籍していた杉本健勇がスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合開始直後から、両チームとも集中した守備を見せる。拮抗した展開となり、スコアレスで前半を折り返した。

 後半に入り64分、C大阪が直接FKを獲得。これをソウザが沈め、先制に成功した。

 1点を追う浦和は山中亮輔とマルティノスを投入し、状況の打開を図る。すると76分、山中のフリーキックに興梠慎三が頭で合わせ、試合を振り出しに戻した。さらに82分、マルティノスがエリア内で倒されPKを獲得。これを杉本が沈め、試合をひっくり返した。杉本はこれが移籍後初ゴールとなった。試合はこのまま終了し、2−1で浦和が勝利した。

 次節、C大阪はアウェイでベガルタ仙台と、浦和レッズはホームでFC東京とそれぞれ対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 1−2 浦和レッズ

【得点者】
1−0 64分 ソウザ(セレッソ大阪)
1−1 76分 興梠慎三(浦和レッズ)
1−2 82分 杉本健勇(PK/浦和レッズ)

【スターティングメンバー】
セレッソ大阪(3−4−2−1)
キム・ジンヒョン;片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、木本恭生;松田陸(85分 高木俊幸)、レアンドロ・デサバト(80分 奥埜博亮)、ソウザ、丸橋祐介;清武弘嗣、柿谷曜一朗(85分 ブルーノ・メンデス);都倉賢

浦和レッズ(3−5−2)
西川周作;森脇良太、岩波拓也、槙野智章;橋岡大樹、長澤和輝(54分 柴戸海)、エヴェルトン、柏木陽介(76分 マルティノス)、宇賀神友弥(76分 山中亮輔);杉本健勇、興梠慎三