連敗は避けたい山雅 17日広島戦

広島戦に向けて練習する松本山雅・橋内(右)

 サッカー明治安田J1第4節は17日、各地で9試合を行う。1勝1分け1敗で勝ち点4の松本山雅は、広島市のエディオンスタジアム広島で勝ち点5の広島と対戦する。前節の浦和戦で今季初黒星を喫した松本山雅は、最低でも勝ち点1をもぎ取って連敗を避けたい。
 13日に大阪府でルヴァン・カップのG大阪戦に臨んだチームは、そのまま関西に残って調整している。長距離移動による負担を減らして選手の状態を上げるためで、その取り組みを結果につなげられるか。
 先発はルヴァン杯から入れ替え、同じメンバーで臨んだ開幕3試合の顔ぶれが軸になる。一方、交代要員は前節から複数が変わりそうで、状態を上げている杉本がベンチ入りする見通しだ。
 基本システムが松本山雅と同じ広島は、サロモンソンと柏の両サイドに推進力がある。サイドの攻防で後手に回らないことが勝負の鍵になる。
 浦和戦とG大阪戦の計3失点は、いずれもミスでボールを失った形から逆襲を受けて喫した。浦和戦は強風の影響でロングボールが増えたため、相手ボールに対して高い位置から圧力をかけられず、持ち味の走力を発揮できなかった。反町監督は「J1の水に慣れないことが大事」と話し、隙を見せず、走力を生かすスタイルを前面に出す戦いを改めて徹底する考えだ。